西鎌尾根ルート ( 槍ヶ岳 )アルプスの雄大な自然満喫の感動ルート

西鎌尾根ルート ( 槍ヶ岳 )アルプスの雄大な自然満喫の感動ルート

西鎌尾根ルート

槍ヶ岳 データ

山域: 北アルプス南部
山頂所在地: 長野県松本市・大町市、岐阜県高山市
標高: 3,180m
2万5千図: 槍ヶ岳・穂高岳・上高地・笠ヶ岳
最高気温(6月‐8月):14.6℃
最低気温(6月‐8月):-0.8℃

西鎌尾根ルート の特徴

攻めの登りの一歩一歩で堂々たる槍の頂点へ!アルプスの雄大な自然満喫の感動ルート

西尾根ルートは新穂高温泉がスタート地点槍沢ルートの上高地同様、林道歩きではじまるがぐっと静かで落ち着いた雰囲気だ。秀逸な整備の小池新道で徐々に高度を上げて稜線に達し、槍の穂先を映す鏡池に迎えられる。

以降、西側からとらえる槍ヶ岳は黒々しくそびえ、急峻な尾根を見せて近づくほどに険しさが増す確かな足どりで対峙して頂を目ざそう。新穂高温泉を出発するとしばらくは平坦な林道。

よく整備された登山道で高度を上げて稜線に出ると眺望抜群のアルプス世界だ6槍沢ルートに比べると登山者は少なく…西鎌尾根に入ると、槍に近づくほどに高度感のあるガレ場ザレ場が続き険しくなる。

登山口へのアクセス(平湯温泉 → 上高地)

槍ヶ岳や穂高連峰の登山口となる上高地へはマイカーの場合、通行が規制されているため、岐阜県高山方面からはこのあかんだな駐車場にクルマを止めてシャトルバスを利用する。

マイカーの場合

中部縦貫自動車道 高山IC
↓ 約60分
あかんだなP(シャトルバスに乗り換え)
↓ 約40分
上高地バスターミナル

 

あかんだなP/1日600円
シャトルバス/片道1,160円・往復2,050円

 

上高地はマイカーの乗り入れが通年規制されているため、平湯のあかんだな駐車場にクルマを止め、シャトルバスを利用する。

シャトルバスの上高地行き始発は。4/ 25N5 / 6と7/18〜8/23は4:50。
5/9〜7/12と8 / 29-10 / 1 8の土休日は5:20。
それを除く期間は6:20となり、終発の16:50まで(4/25〜5/6と7/18〜8/23は17:50終発)30分間隔で運行バスはあかんだな駐車場を出ると約10分後に平湯バスターミナルに停車上高地へ向かう。

上高地のあかんだな駐車場行き始発は “4/25〜5/6と7/18〜8/23は7:00。
それを除く期間は7:30となり%終発の17:00まで(4/25〜5/6と7/18〜8/23は18:00終発)30分間隔で運行する。

あかんだな駐車場は夜間施錠される。
開場はシーズン中いずれも4:00で、4/17〜7/17は18:00閉7/1 8〜8/23は1 9:00閉場、8/24〜1 1/1 5は17:30閉場となる

 

電車・バスの場合

JR高山駅 高山濃飛バスセンター
↓ 約60分
平湯温泉(シャトルバスに乗り換え)
↓ 約30分
上高地バスターミナル

 

高山濃飛バスセンター→平湯温泉/片道1,570円
シャトルバス/片道1,160円・往復2,050円

 

※高山と平湯を結ぶバスは高山濃飛バスセンターから平湯方面行き始発7:00、
平湯温泉から高山行き終発17:30の路線バスのほかに濃飛バスとアルピコ交通が共同運行する高山〜松本線が平湯温泉に停車し、
高山からの始発は7:50、平湯温泉からの高山行き終発は18:35となる

平湯温泉からのシャトルバスについては、上記マイカーの場合を参照のこと。

西鎌尾根ルート 日程

1日目

感動あふれる稜線に向かって変化ある景色と険しい登りの山懐に入って行く一日。

歩行時間 :5時間20分
歩行距離 :9.5km
最大高低差:1190m

新穂高温泉(1時間20分)→
わさび平小屋(1時間20分)→
秩父沢の橋(2時間40分)→
鏡平山荘

初日は、槍ヶ岳までの中間に位置する鏡平山荘まで前進する。砂利やアスファルトで舗装された林道を2時間近く歩くと石畳状池新に整備されたグ道に入る。急登でも、できるだけ大きく足を上げないで済むよう、小さな段差で整えられた登山道は歩きやすい。秩父沢に近づくと槍を望み、道はますます急になるが、チボ岩やシシウドヶ原など、休憩ポイントがあり、乗鞍、焼岳穂高の峰々の眺めがよいジンウドヶ原から緩急を繰り返しやがて木道が現れると、水面に槍ヶ岳を映す鏡池に着く。

2日目

変化ある景色と、険しい登りの緊張から立つ槍の頂に感動。

歩行時間 :7時間55分
歩行距離 :9.6km
最大高低差:800m

鏡平山荘(2時間)→
双六小屋(3時間35分)→
千丈乗越(1時間30分)→
槍ヶ岳山荘 山頂往復50分

鏡平山荘を出るとすぐにはじまる弓折岳の急斜面。振り返れば眼下に鏡池がきらめき、顔を上げれば槍がこちらを見据えている。弓折分岐から稜線歩きのアップダウンを重ね、走り出したくなるような気持ちのよい下一りで双六小屋へ。続いて樅沢岳に登りつめると、いよいよ西鎌尾根に突入。ガレザレのアップダウン、高度感のある切れ落ちた崖っぷちややせた莓多くのクサリ場と、気の抜けない難所が続くさらに千丈乗越からザレガレの急登を越えると、ザレをジグザグに登って槍ヶ岳の肩に出る。

3日目

たんたんと樹林帯を下山する帰り道トレッキング。

歩行時間 :6時間20分
歩行距離 :12.8km
最大高低差:-19902m

槍ヶ岳山荘(1時間20分)→
千丈分岐(1時間30分)→
槍平小屋(2時間)→
白出沢出合(1時間30分)→
新穂高温泉

最終日は飛騨乗越を下り右俣谷に出て新穂高温泉に下山する。飛騨乗越下の急斜面のジグザグは砂が浮いて滑り、油断するとすぐにスリップしてしまう。歩幅を小さくして足もとを確かめながら下ろう。千丈分岐からもガレた急坂。やがて緩急を繰り返すようになり、岩がごろつく下りが続しらでさわき、白出沢に出て車道となる。このルートは槍ヶ岳と下界を結ぶ最短ルートだが、展望はなく、登りでも槍ヶ岳は見えない。登山を楽しむというよりただ先を急ぐ道。使うのは復路としておすすめしたい。

 

こちらもおすすめ