槍ヶ岳 槍の穂先を目指す3本のルート

槍ヶ岳 槍の穂先を目指す3本のルート

槍ヶ岳

槍ヶ岳 ってどんな山?

槍ヶ岳は、鋭く尖った岩峰が天を突く印象的な山容の山。

日本第5位の標高を持って、そのピラミダルな姿は遠く離れた山々からも見つけることが容易だ。

山頂からは、北鎌尾根、東鎌尾根、西鎌尾根、大キレットを経て穂高連峰に続く稜線が延び、北鎌尾根(バリエーションルート)を除く3方と、上高地を結ぶ槍沢ルート、新穂高温泉を結ぶ槍平、奥飛騨沢ルートひらに一般登山道が拓かれている。

頂上部分は険しい岩場で、登頂には南壁にかけられた垂直のハシゴを登る。
山頂は狭く、北端に槍ヶ岳開山に尽力した播隆上人ゆかりの祠が立っている。

槍ヶ岳 の山データ

山域: 北アルプス南部
山頂所在地: 長野県松本市・大町市、岐阜県高山市
標高: 3,180m
2万5千図: 槍ヶ岳・穂高岳・上高地・笠ヶ岳
最高気温(6月‐8月):14.6℃
最低気温(6月‐8月):-0.8℃

槍ヶ岳、各登山口へのアクセス

沢渡→上高地へのアクセス

槍ヶ岳や穂高連峰の登山口となる上高地へは、マイカーの場合、通行が規制されているため、長野県松本方面からはこの沢渡エリアにクルマを止めてシャトルバスを利用する。

マイカーの場合

長野自動車道 長野IC
↓ 約55分
沢渡P(シャトルバスに乗り換え)
↓ 約30分
上高地バスターミナル

 

沢渡P/1日600円
シャトルバス/片道1,250円・往復2,050円

 

上高地はマイカーの乗り入れが通年規制されているため、沢渡15か所ほど点在する駐車場にクルマを止め、シャトルバスを利用する。

シャトルバスの上高地行き始発は、
繁忙日となる特定日(要問い合わせ)は4:40。
5/2〜6、7 / 18〜8/23の毎日と7/29〜10/18の土休日は5:10、
それを除く4 / 18-5 / 8の毎日と5/9〜7/12の土休日、7/18〜11/3の毎日は5:40、
11 / 4-15は6:10となり、終発の15:40ごろまで30分(混雑時は10〜20分間隔で運行上高地の沢渡方面行き始発は、7:250終発の16:55ごろまで30分《混雑時は10〜20分)間隔で運行する。

ただし上高地から新島々行きのバスも沢渡で停車するため、シャトルバスの終了後は、4/1 7〜7/1 7と8/24〜1 1/3は18:00。
7/1 8 8/23は18:45。1 1/4〜1 5は17:25の島々行き終発を利用できる。

沢渡一帯の駐車場は、夜間施錠されるところと24時間出入り自由のところがある。

 

電車・バスの場合

松本駅
↓ 約30分
新島々駅(シャトルバスに乗り換え)
↓ 約60分
上高地バスターミナル

 

松本駅→新島々駅/片道700円
シャトルバス/片道2,450円・往復4,550円

 

※松本駅発の上高地線は、松本駅〜新島々駅を電車で、新島々駅隣接の新島々バスターミナル〜上高地はバスの乗車となる。

松本駅の新島々行き始発は6:32が通常だが、4月下旬〜1 1月下旬のJR季節列車到着日は4:45が始発となる。上高地の新島々行き終発は、4/17〜7/19と8/24〜1 1/3は18:00、7/18〜8/23は18:45となる。

また、10:15発の1本のみ、松本バスターミナル発の直通バスが新島々経由で上高地へ向かう。
この場合の運賃は電車+バスと同じ。

平湯温泉→上高地へのアクセス

槍ヶ岳や穂高連峰の登山口となる上高地へはマイカーの場合、通行が規制されているため、岐阜県高山方面からはこのあかんだな駐車場にクルマを止めてシャトルバスを利用する。

マイカーの場合

中部縦貫自動車道 高山IC
↓ 約60分
あかんだなP(シャトルバスに乗り換え)
↓ 約40分
上高地バスターミナル

 

あかんだなP/1日600円
シャトルバス/片道1,160円・往復2,050円

 

上高地はマイカーの乗り入れが通年規制されているため、平湯のあかんだな駐車場にクルマを止め、シャトルバスを利用する。

シャトルバスの上高地行き始発は。4/ 25N5 / 6と7/18〜8/23は4:50。
5/9〜7/12と8 / 29-10 / 1 8の土休日は5:20。
それを除く期間は6:20となり、終発の16:50まで(4/25〜5/6と7/18〜8/23は17:50終発)30分間隔で運行バスはあかんだな駐車場を出ると約10分後に平湯バスターミナルに停車上高地へ向かう。

上高地のあかんだな駐車場行き始発は “4/25〜5/6と7/18〜8/23は7:00。
それを除く期間は7:30となり%終発の17:00まで(4/25〜5/6と7/18〜8/23は18:00終発)30分間隔で運行する。

あかんだな駐車場は夜間施錠される。
開場はシーズン中いずれも4:00で、4/17〜7/17は18:00閉7/1 8〜8/23は1 9:00閉場、8/24〜1 1/1 5は17:30閉場となる

電車・バスの場合

JR高山駅 高山濃飛バスセンター
↓ 約60分
平湯温泉(シャトルバスに乗り換え)
↓ 約30分
上高地バスターミナル

 

高山濃飛バスセンター→平湯温泉/片道1,570円
シャトルバス/片道1,160円・往復2,050円

 

※高山と平湯を結ぶバスは高山濃飛バスセンターから平湯方面行き始発7:00、
平湯温泉から高山行き終発17:30の路線バスのほかに濃飛バスとアルピコ交通が共同運行する高山〜松本線が平湯温泉に停車し、
高山からの始発は7:50、平湯温泉からの高山行き終発は18:35となる

平湯温泉からのシャトルバスについては、上記マイカーの場合を参照のこと

槍の穂先を目指す3本のルート

槍沢ルート

多くのひとが歩く安心のポピュラールート

上高地を出発すると前半は平坦な林道歩き、ゆるい傾斜から徐々に高度を上げて山深くへ進み、ぐんぐん登りつめる登山道は明瞭で登山者が多いために不安がなく頂上直下まで険しいところや危険な箇所はない。が、相当後半になるまで槍は見えない。

槍沢ルートの詳しい日程はこちら

 

西鎌尾根ルート

アルプスの雄大な自然満喫の感動ルート

新穂高温泉を出発するとしばらくは平坦な林道。よく整備された登山道で高度を上げて稜線に出ると眺望抜群のアルプス世界だ6槍沢ルートに比べると登山者は少なく…西鎌尾根に入ると、槍に近づくほどに高度感のあるガレ場ザレ場が続き険しくなる。

西鎌尾根ルートの詳しい日程はこちら

 

東鎌尾根ルート

槍に見守られて難所を進むチャレンジルート

中房温泉を出発するとすぐに急登にかかるが燕岳への人気のルートで登山者は多く、整備も。十分。稜線に出ると槍を間近に見ながら進む、やがて高度感のあるクサリ場、「ハシゴ、テクニカルな岩場など難所が多く、体力はもちろん分な登山経験が必要。

 

参考サイト:http://www.yarigatake.co.jp/