アルバイト時給アップ!ZOZO 前澤友作のバイト改革。その戦略は?

アルバイト時給アップ !ZOZO 前澤友作のバイト改革。その戦略は?

アルバイト時給アップ

アルバイト時給アップ !ZOZO 前澤友作のバイト改革。その戦略は?

前澤友作は13日朝、Twitterに「ZOZOバイト時給1300円に大幅アップで2000人採用します。募集要項は後ほどアップします」と投稿。その後、ZOZOの公式ホームページで「ZOZOバイト改革」が発表された。

ZOZOによると、2000人の大量採用が行われるのは千葉県と茨城県にある物流センターのアルバイト従業員で、検品や発送、撮影アシスタント業務などを行う。時給は現在1000円だが、週4日以上勤務なら1300円にアップし、また成果次第ではひと月当たり最大1万円のボーナスが支給されるとしている。

今回の大量採用と時給アップの背景にはどのような戦略があるのか。ZOZOは、2019年3月期決算で上場以来初の減益を発表したが、商品取扱高をみると前年比19.4%増(3231億円)と増加傾向にある。そのため2月に、現状ある2つの物流センターのほか茨城県に新たに大型の施設を賃借して拠点にすることを発表。2020年に稼働が開始すれば、合わせて6000~7000億円の商品取扱高まで対応できるようになるとしている。

あえて誰も手をつけていない場所を攻めて成果をあげる

「数年前、社長主催の交流会で管理職スタッフが一緒に、三浦海岸へ海老を餌にサバを釣る船釣りに行ったときのことです。

その際、船長から『15メートル下にサバの魚群があるから、そこまで針を落として』と指示され、スタッフはみな指示通りにしたのですが、ふと横を見ると、社長はなぜか一人黙々と30メートル下に針をたらしていました。

しばらくして、社長1人だけ鯛を釣り上げました。

仕事の仕方にも共通するところがあります。人が『こうだ』ということや常識にとらわれず、あえて誰も手をつけていない場所を攻めて成果をあげるというスタイルなんです」

前澤友作 について

前澤 友作(まえざわ ゆうさく、1975年11月22日 – )は日本の実業家。ファッション通販サイトZOZOTOWNを運営するZOZOの創業者であり、代表取締役社長である。また、現代アートの普及活動及びアーティストの活動支援を目的とした公益財団法人現代芸術振興財団の会長。血液型O型[1]。

ハードコア・パンクバンドSwitch Styleのドラマーでもあり、バンド解散までミュージシャンと経営者の二つの顔を持っていた。

フォーブス誌によると2019年3月時点で、総資産は2220億円で、日本長者番付23位。

ZOZO:https://zozo.jp/