Flutter 基本的なウィジェットやプロパティ、クラス、関数

Flutter – 基本的なウィジェットやプロパティ、クラス、関数

Flutter

Flutter 基本的なウィジェットやプロパティ、クラス、関数をまとめました。

関数

void main()

main関数
最初に呼び出される関数で、 1つのプログラムに1つ必要

runApp()

runApp関数
Widgetツリーの始まり(root)となるWidgetを指定

 

Class クラス

extends

extendsでは別のクラス(親クラス)を引き継いで、新しいクラス(継承クラス)を定義。

class 継承クラス名 extends 親クラス名{}

@override

親クラスのプロパティ、メソッドを変更する。

super

親クラスの「コンストラクタ」を継承クラスで呼び出す

継承クラス名(パラメータ) : super(パラメータ);

build

ウェジェットを表示するためのメソッド
※BuildContextは仮引数(直系の祖先、親そのものを参照)

Widget build(BuildContext context){}

 

Widget ウィジェット

Widget の役割は大きく分けて「StatelessWidget」または「StatefulWidget」の2通りに分けられます。
この役割の違いにより、コードの書き方が大きく変わります。

StatelessWidget

状態がずっと変化しないWidgetのことを呼びます。

StatefulWidget

ユーザーによる操作(インタラクション)やデータを受け取った際などに状態が変化する可能性のあるWidgetのことを呼びます。

 

また、Widget の種類によっても、は大きく分けて以下の2通りに分けられます。

・見た目をデザインするための Widget(画面上には表示される)
・レイアウトや状態管理をするための Widget(画面上には表示されない)

ScaffoldやTextは見た目をデザインするための画面上に実際に表示されるWidgetで、CenterやColumnは子Widgetをレイアウトをするための画面上には表示されないWidgetです。

Scaffold

アプリケーションバーやタイトル、ホーム画面のウィジェットツリーを保持する、bodyプロパティを提供します。画面上には表示されないレイアウトを管理するウィジェット。

基本プロパティ

– appBar
– body
– backgroundColor
– floatingActionButton

Scaffoldの基本的な使い方についてはこちら

プロパティ

WidgetにはそれぞれのWidget毎にプロパティが予め用意されています。
プロパティは、Widget(ウィジェット)の色を変えたり、大きさを調整したり、更にはWidgetを追加したりなどの役割をします。プロパティとはWidgetがどんなものか表す情報のことです。

Center()

Widgetを中心に配置させる

child

1つのウィジェットの配置

children

複数のウィジェットの配置

home:

最初に表示される画面

カテゴリー

Copyright © 昨日と今日の間 All Rights Reserved.