ソーラー武道館 ( 猪苗代 THE SOLAR BUDOKAN )開催場所や交通アクセスは?

ソーラー武道館

ソーラー武道館

太陽光から生まれた電気でロックコンサートを!佐藤タイジ(THEATRE BROOK)の熱い想いに賛同した豪華アーティストによる夢の「SOLARフェス!」

今回は再生可能エネルギーの普及が期待される福島の地での初開催!
福島県の猪苗代湖畔にある野外音楽堂で『猪苗代THE SOLAR BUDOKAN 2019』として開催される。

猪苗代 THE SOLAR BUDOKAN 2019 ( ソーラー武道館 )

  • 7月6日(土)
  • 会場:福島 猪苗代野外音楽堂

「中津川 THE SOLAR BUDOKAN」のスピンオフとして生まれたソーラーロックフェス

http://solarbudokan.com/2019/inawashiro/

日程

2019年7月6日(土)
開場10:00 / 開演11:00(予定)

※雨天決行(荒天の場合は中止)

会場

猪苗代野外音楽堂
住所:福島県耶麻郡猪苗代町大字中小松字四百刈乙1959-2 天神浜オートキャンプ場内

交通アクセス

お車でお越しの方

東北自動車動「猪苗代磐梯高原I.C」より国道49号線を郡山方面に車で4分

駐車場については詳細をお待ちください。

電車でお越しの方

最寄りの駅、磐越西線「猪苗代駅」から徒歩30分、又はタクシーで10分

主催

猪苗代 THE SOLAR BUDOKAN 実行委員会

出演アーティスト

佐藤タイジ with 辻コースケ&オマール
ACIDMAN(Acoustic)
the band apart(naked)
福原美穂
小坂忠
真心ブラザーズ
村松拓(Nothing’s Carved In Stone)
渡辺俊美

…and more!

佐藤タイジ

自ら“ROCK STAR”を名乗り、THEATRE BROOKでは圧倒的なカリスマ性と独自の感性を持ったギターサウンドでバンドを牽引、またJAM系ダンス・ミュージックを主体としたThe SunPauloや数々のユニットで音楽活動を行う。

辻コースケ

4度のアフリカ~ケニアでの修行を経て、2003~2011年basis recordsより
ソロでの活動の他、goma&the jungle rhythm section 、カセットコンロス、Orquesta Nudge! Nudge!、のメンバーであり、GONTITI 、DJ井上薫、沼澤尚、勝井祐二、佐藤タイジ、照井利幸、椎野恭一、森俊之、Leyona 、Anyango、JEFF MILLSなど様々なジャンルの音楽家と活動中。

ACIDMAN

ACIDMANは、日本の3人組ロックバンド。Virgin MusicとFREE STARに所属している。キャッチコピーは『音の力。詩の力。』『深淵・迷走・創造・騒々』など。

the band apart(naked)

the band apartは日本のロックバンド。略称は「バンアパ」。asian gothic label所属。

福原美穂

北海道出身。
15歳の時、地元テレビに出演したことがきっかけで北海道内限定ミニアルバムを2作発表。道内だけで10,000枚を超える大ヒットを記録した。2008年2月に日本人としてはじめて、米・LAの黒人教会にて「奇跡の子」と称されるパフォーマンスを披露。“黒人教会220年の歴史を変えた!”と賞賛を受け、4月に「CHANGE」でメジャーデビュー。2009年1月に1stアルバム「RAINBOW」を発売。15万枚の大ヒットとなり、オリコン初登場2位をマーク。翌年2ndアルバム「Music is My Life」を発表し、2作連続オリコンベスト5を記録。

以降も、映画『沈まぬ太陽』や、『悪人』の主題歌に抜擢され、さらには、AI、三浦大知、和田アキ子、レオナ・ルイスなど、錚々たるシンガーとのコラボが次々と実現し、日本のソウルミュージックの新しい世代を牽引する存在として、その地位を確かなものとした。

小坂忠

小坂 忠は、日本のシンガーソングライター、作曲家、ゴスペルシンガー、牧師。本名は小坂 正行。

真心ブラザーズ

89年大学在学中、音楽サークルの先輩YO-KINGと後輩桜井秀俊で結成。バラエティ番組内“フォークソング合戦”にて見事10週連続を勝ち抜き、同年9月にメジャー・デビュー。「どか~ん」「サマー・ヌード」、「拝啓、ジョン・レノン」など数々の名曲を世に送り出す。昨年デビュー25周年を迎え、自身のレーベルDo Thing Recordingsを設立、11月にはレーベル第1弾作品となるオリジナル・アルバム「Do Sing」をリリースした。

村松拓(Nothing’s Carved In Stone)

Nothing’s Carved In StoneのVocal& Guitar

渡辺俊美

1996年12月6日 福島県川内村生まれ 富岡町育ち

TOKYO No.1 SOUL SET:ギター、ヴォーカル、サウンド・プロダクション担当。

ソウルセットと並行してソロユニットTHE ZOOT16でも活動中。また、2010年9月に、同じ福島県出身である山口隆(サンボマスター)、箭内道彦(クリエイティブ・ディレクター)、松田晋二(バックホーン)らとともに猪苗代湖ズを結成し、2011年3月に東日本大震災のチャリティー曲「I love you & I need you ふくしま」を録音し第62回NHK紅白歌合戦に出場。

当時高校生の一人息子の長男のために3年間にわたって作り続けた弁当が話題となり、これを記録したエッセイ『461個の弁当は、親父と息子の男の約束。』として2014年に出版した。 2015年にはこのエッセイが漫画化、および『461個のありがとう。 〜愛情弁当が育んだ父と子の絆〜』のタイトルでテレビドラマ化され、音楽もバンド名義で担当した。